岩成工業株式会社

素鵞川 護岸の工事を行っています。


縁結びで有名な出雲大社は、「素鵞川(そががわ)」と「吉野川」に挟まれています。
出雲大社の西側は素鵞川が、そして東側は吉野川が、それぞれ御神域を守るように流れています。

一説によると、この素鵞川という名前は、奈良の大豪族であった「蘇我氏」の名前をとって、
<蘇我川→素鵞川>になったとも言い伝えられているようです。

弊社では現在、その素鵞川の護岸(ごがん)の工事を行っています。
護岸とは、地盤の表面や法面を覆って保護する構造物のことで、水害を防ぐために必要不可欠なものです。

1日も早い工事完成を目指し、安全第一をモットーに鋭意努力をしております。